サイトメニュー

顔の皮膚に対する処置

女性

見栄えを最優先に考える

顔のほくろはクリームなどを使うことはできないので、美容皮膚科にいって除去手術を行いましょう。最近は技術の発達によってほくろにクリームを塗布し続けることで、時間をかけてほくろ除去できるようになりました。しかし、顔はデリケートな個所で、ほんの少しでも跡が残るとかなり面倒なアフターケアをしていかなくてはいけません。そうならないように最初から美容皮膚科にいき、体に負担をかけない適切な処置をしていくことが大切なことです。とりあえず基礎知識として顔に関する処置はすべて美容皮膚科の管轄であり、普通の皮膚科や市販薬では対処してもらえないということを覚えておきましょう。そして市販薬は安く治療を進められると考える人もいますが、実際には保険が一切適用されないため割高な値段となっています。結局は美容皮膚科で処置してもらうのが一番安く済む方法なので、そのことを十分に承知しておくようにしましょう。そうでないと結果的に出費がかさんでしまったという事態も珍しくはないので、必要な知識はしっかり覚えておくべきです。美容皮膚科は普通の皮膚科と違って美容、つまり見栄えにとても気を使っている病院となっています。普通の皮膚科にいくとその日のうちに液体窒素で固め、ほくろやいぼを取ってもらえることが多いですが、美容皮膚科ではそうはいきません。初日からいきなり処置してもらうことはまずなく、最初はアンケート用紙への記入、そして病歴などの聞き取りカウンセリングが始まります。これらは顔のほくろを除去するにあたって、どんなリスクが存在するか、そしてそれらをいかにして回避するかを調べるための重要な工程です。これがない病院は信用できないところといえるので、いら立って病院を変えてしまうなどの軽率な行為は厳に慎みましょう。美容皮膚科を利用するうえで最も大きな意味は傷跡を残さない、きれいな顔にしてもらうなど美容であることをよく覚えておくべきです。そのことを忘れて、安さと速さを求めてしまうことは美容皮膚科を利用する意味を見失っているので、気を付けておくようにしましょう。そうしたことをしっかりかんがみてほくろ除去を進めていけば、きれいですっきりした顔にすることができます。